このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車と前のオーナーの地域

車を購入するときには大きな選択肢として、「中古車」と「新車」があります。
経済的なことを考えると中古車を選びがちですが、それぞれのメリットとデメリットを充分に考えたうえで検討しなくてはなりません。
まずは中古車についてみてみましょう。
中古車はもちろん、前のオーナーの使い方、というのも重要になってきます。
どのようなオーナーがどんな地域で乗っていたのかということを考えることは大事なことです。
たとえば、冬になると雪が降るのはもちろんのことですが、豪雪地帯になると雪対策のための様々なことがあります。
前のオーナーがどこの地域で乗っていたのかということでも重要なのにはこんなことがあります。
豪雪地帯になると現在社会問題にもなっている塩化カリウムがまかれた道路を走ることになります。
塩化カリウムは雪を解かす効果のあるものではありますが、「塩化」という名前からもわかる通り塩分になります。
もちろん車は鉄でできていますので塩分は大敵です。
この塩化カリウムは、走行することでタイヤに巻き上げられ、車体の下部分に付着します。
気を使っているオーナーであればこの塩化カリウムを流すために冬でもこまめな下回りの洗車を行っています。
そうではない場合、塩化カリウムによるボディー下回りの錆、これは避けることができません。
当然下回りがさびてしまっている車、これは同じ車種で別の地域で乗られていた車と比べても寿命の違いは歴然です。
また豪雪地帯でのもう一つの心配は除雪による車体への傷です。
除雪は一斉に除雪機が行いますが、これは豪雪地帯では問題にもなっています。
車にその除雪された固い氷の塊のような雪がぶつかることで車体に傷がつきます。
この氷の塊は思いのほか固く、バンパーが外れてしまうことも珍しいことではありません。
はっきりといえば前のオーナーが豪雪地帯にいた場合には車の損傷具合は充分に覚悟する必要があるでしょう。
また豪雪地帯での車種によっては下回りの錆が強い場合もあります。
車高の低い車としてミニタイプのものであったり、ミニバンタイプのものであれば損傷が大きいことも考えられます。
どんな人が乗っていたのかということも重要なことではありますが、どんな地域で乗られていたのかとうこともまた重要なことです。
中古車を考えているのであれば、中古車販売店では車に乗るだけではなく、以前のオーナーがどこで乗っていたのかということを確認すると同時に下回りも確認することをお勧めします。

注目の車種の参考になるネタはネットならここがお勧め

  • 牙醫師對不會使用,實際上根本沒有助的牙刷特是什麼?
Copyright (C)2017中古車選びの車種ガイド.All rights reserved.