このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車のメリットとデメリット

中古車のメリットとデメリットを考えていきましょう。
メリット:価格が安い〜とにかく価格が安いということは確かです。
これによって予算が決まっているのであれば新車を購入するときよりも同じ金額でかなりグレードの高いものを選ぶことができます。
100万円の予算と考えていれば、通常新車であれば軽自動車になるでしょう。
タントでもグレードの高いものになると140万円程度はかかるものです。
しかし中古車となると100万円となればかなり選択肢の幅が広がってきます。
同じ金額でグレードの高い車種にすることができるというのは中古車の最大のメリットになるでしょう。
そして新車ほどに高額ではないということもあって、買い替えが比較的難しいものではなくなります。
出産によって家族の人数が増えるという場合でも車を買い替えることに新車ほどの抵抗はないはずです。
〜精神的ダメージが少ない〜初心者であれば駐車するときに車をこすってしまうというのはよくあることです。
そんなときにも、中古車であれば精神的なダメージはそれほどのものではないでしょう。
車を大切に使うということはもちろんのことではありますが、それでも新車ほどのプレッシャーはないはずです。
〜過去の車も買える〜人はみんな、細心の車が欲しいものではありません。
ミニクーパーになれば最新のものよりも昔の形の方が愛着のある人も少なくはないでしょう。
古き良き、とはよく言ったもので、昔の車を好むということはよくあることです。
アメ車として人気のあるキャデラックやインパラも、古いからこその車というのは確かにあることです。
今度は中古車のデメリットも見ていきましょう。
デメリット:メンテナンス費用〜新車とは違い、前のオーナーが乗っていた状態にもよりますが、寿命が長くはないということもあり故障は少ないことではありません。
安く購入することができたとしても、実際に乗れるようになるまでの修理費用やメンテナンス費用がかかるのは仕方のないことです。
この点はどのくらいの費用が掛かるのかということは事前に確認しておくとよいでしょう。
〜装備が選べない〜新車であればその車をカスタマイズすることができます。
例えばカーナビやドリンクホルダーなどのメーカーオプションを選ぶことで、外付けではないオリジナルの車が完成していきます。
しかし、中古車であればその原型が基本となります。
そこに新たにプラスしていくには外付けしかないということになるでしょう。
Copyright (C)2017中古車選びの車種ガイド.All rights reserved.