このエントリーをはてなブックマークに追加

新車のメリットとデメリット

新車も安心して乗るためにはメリットとデメリットを知っておく必要があります。
メリット:保障が多い〜故障をしたとしても新車であればその保障期間は長く設けてありますので保障が効きます。
また保障期間外となっても通常の運転をしているうちに例えばエアコンがきかなくなったなどのことがあれば相談によっては治してくれる場合が多くなっています。
新車も購入当時最新のものであればその後、何らかのトラブルがその車種に出てくるということは少ないことではありません。
そのたびに修理を行う旨の連絡が届きますが、その際には無料でほかの箇所も点検し修理してくれるということが多くなっています。
保障されているという安心感だけではなく、メンテナンスにかかる費用はかなり抑えることができます。
〜最初のオーナーになれる〜この最初のオーナーというのは新車に乗っている優越感ということではありません。
タバコを吸わない人であれば、その車の前のオーナーが喫煙者だった場合、もしくはペットを同乗させている人だった場合、そのにおいがかなり鼻につきます。
そしてそのにおいというのはいつまでも消えることがなく、窓を開けて過ごすしかないということはよくあることです。
特に中古車販売店では消臭剤を使っていることが多くありますので、その点には購入時には気が付かないということもよくあります。
反面新車であれば、最初のオーナーになりますので前のオーナー、ということは気にすることなくいることができるでしょう。
デメリット:傷が目立つ〜新車を購入するとまぶしいほどの輝きがあります。
塗装したてということもありますのでその輝きはまばゆいばかりです。
それがメリットでもありますが反面、小さな傷もはっきりと目立つようになります。
心情的なものかもしれませんが、傷がとにかく目につくということはよくあります。
特に新車の場合には洗車の仕方には注意を払わなければ、洗車による細かな傷というのはかなり目立ってしまいます。
洗車をするときにしっかりと水で流してからでなければ砂埃をこすってしまい小さな傷が流星のように無数につきます。
またオート洗車もキズが付きやすい傾向にあります。
〜査定額が低い〜新車で購入した車も、手放す時には相当に金額が下がっています。
特にモデルチェンジの激しい車業界ではあっという間に最新モデルで薄なってしまうというのはよくあることです。
その時にはかなり低い査定額が出されることになるでしょう。
Copyright (C)2017中古車選びの車種ガイド.All rights reserved.