このエントリーをはてなブックマークに追加

外車の購入を考えるとき

近年ではやはり日本車が圧倒的に多くなっていますが、それでも外車もまだまだ負けてはいません。
車を購入するとき、外車の購入を検討している方も少なくはないでしょう。
外車を購入する目的とはなんでしょうか。
多くの場合にはその外車への強い憧れではないでしょうか。
例えば、ミニクーパーはイギリスの車になりますがかわいらしい外観は多くの人の目を引きます。
実際に乗ってみるとその車内はとても狭く、それでも革製のシートがまたミニクーパーの良さを表しています。
ミニクーパーは2ドアになりますので、後部座席に乗るときには前席を動かさなければなりませんが、日本車の様にシートの背もたれ部分だけが動くというのではなく、シート全体が前方に傾きます。
これもまたミニクーパーの特徴であり、その不便さにかわいらしさを感じるものです。
乗ったときの不具合さなど、外観にかなうものではない、そうミニクーパーのオーナーは感じているでしょう。
実際にミニクーパーを購入したオーナーが次にまた購入するのはミニクーパーである割合がほかの車種に比べてもダントツに多いと言います。
またアメ車が好きな人も多いでしょう。
若者を中心に人気になっていますが、キャデラックやインパラなどの大型のアメ車は今でも時折走っているのを目撃することがあるでしょう。
日本車では見たことの無いようなカラフルな色合いが目を引くだけではなく、ジャンプするように走るその大きな車体が魅力的です。
特にインパラ64となると中古車であっても特別な人気があり、バックランプのまるさ加減が特徴的になっています。
ホッピング用のアメ車に改造して楽しんだりすることもできる代表的な車になっています。
またアメリカの映画を見るとよく登場するということもありアメリカの車、といえば大型で平べったいキャデラックやインパラの形が頭に思い浮かぶ方も多いでしょう。
いずれのアメ車であっても車種は問わずに日本に適していないというのは言えることです。
もちろん日本の小さな駐車場にはなかなか入るものではなく、横幅であっても縦幅であってもはみ出てしまうものです。
専用の駐車場を用意する必要があるでしょう。
また日本にあってはいないというのには気候もあります。
日本の気候は湿気が多く、雪もあります。
この環境がまた違う国の環境に適するように作られている外車では特に電気系統の故障が多いと言われています。
ただしこれは一昔前までの車のことで、現行の最新モデルとなるとそのようなことはなくなってきているようです。
Copyright (C)2017中古車選びの車種ガイド.All rights reserved.